« おいたんバニたん、そして電波 | トップページ | 負傷 »

2012年10月19日 (金)

((:3 っ )へ

へろう@私だよ

おなかぺこたん((:3 っ )へお腹すいた

((:3 っ )へ

((:3 っ )へ

((:3 っ )へ

これ気に入りました((:3 っ )へ

気怠い感じの顔文字です。

((:3   )

そんな私ですが、先週自衛隊のパレードを

見に行ってきました戦車ァァァァアアァ!!

アッーーーー\(^^)/2_3

Photo

3
戦車まじかっこいいです。

たまらんです。

戦車に乗りたい戦車で暮らしたい戦車操縦したいぃぃい!

ニャッピーo(≧≦)oえりあしです( ^ω^ )

自衛隊のパレード、小さい頃から何度も見に行ってるのですが

何度見ても感動します!

小さい頃に一度だけ自衛隊のヘリに乗ったことがあるのですが

その時私は腰が抜けていたらしいです(母談)

すっごい揺れて怖かったのは覚えてるけどそこまでとは。。

そんなこんなで今日は映画のお話。

多分まだ紹介したことないやつのハズ。。

heartニューイヤーズ・イブ

Photo_2

誰にとっても特別な日である大晦日のニューヨーク。

ビジネスマンのサムは、妹の結婚式や仲間とのパーティーなど

楽しい予定が詰まっているのに、去年の大晦日に出会った女性と交わした約束が気にかかっていた。

かつて恋人同士だったが、別れたおかげで大成功を収めた男女は、偶然再会してしまう。

死期の迫った孤独で頑固な老人は、

娘とすごした幸せな大晦日のことを密かに思い出していた。

25年間、仕事に明け暮れていたイングリッドは突然会社を辞めて、

“今年の目標リスト”を開始する。

心配性の母親と二人暮らしをしている15歳の少女は、

大晦日にある夢を叶えようとしていた。

大晦日が嫌いな男ランディは、一人の女性とエレベーターに閉じ込められてしまう。

そして、大晦日に出産を予定している妊婦。

ニューヨークを舞台に、失われた絆を取り戻そうとする8組の人々。

はたして彼らは、幸せな新年を迎えることができるのか?

xxxxxx

アシュトン・カッチャー来たあああぁあああぁ!!!

(エレベーターに閉じこめられた男役)

まじ格好良いハァハァハァハァ(*´д`)

監督さんはゲイリー・マーシャル。

以前バレンタインデーという作品も作られてますが、これもすごく面白い。

Photo_3

話の流れとしてはこのバレンタインデーと同じで、

8組の人々の物語が、ひとつの映画に集約されています。

両方ともとことんハッピーなお話。

私の大好きなアシュトン・カッチャーは両作品に出演しています。

うっふっふ

顎が割れてなければもっと好きなんだけどね←

ハッピーなラブ・ストーリーが好きな方には本当オススメです。

ぜひ!

であ(ω・)ノシ

|

« おいたんバニたん、そして電波 | トップページ | 負傷 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おいたんバニたん、そして電波 | トップページ | 負傷 »