« バーナビーぺろぺろ | トップページ | 金髪とビール。 »

2012年7月17日 (火)

ちょっと涼しくなるそんなやつ。

へろう@私だよ。

ジャンジャカ雨が降ったかと思えば猛暑rainsun

私は今年の夏を乗り越えられるのだろうか。。

とか思ってしまいます。(毎年同じ事言ってる)

そんな私ですが、先日ちょっと涼しくなるような

なんだか素敵なTシャツをゲットしましてよ( ^ω^ )

それがこちらですどどん!

Photo

グ!ロ!カ!ワ!

いや、可愛くはないですね、

ただグロいだけ。。?

超絶美人さんが、人を食べてるという。。

しびれるゥ!高まるゥ!

一目惚れして即買いでした。

素敵な品をありがとうございます。

ニャッピーo(≧≦)oえりあしですヘ(゚゚ヘ)

昨日久々にDenkikanに映画を観に行きました!

ココ、マイナーな作品ばかり上映してるので

すっごく素敵な映画館だなぁと思います。

本当に良い映画を厳選して上映してる館が、

た、たまらん!!!!!

そんなこんなで今回観た映画は「少年と自転車」という作品carouselpony

いつ行っても1,000円で観れるという

すんばらしい券を頂いたので早速使おうと思い街に繰り出しました。

11時50分上映開始かと思いきや

なんと11時20分からで、私が映画館に着いたのが11時半。

ぎゃっ!と思いながら

「1,000円券あります!」と勢いよく出したら

「すいません、これ21日からなんですよ。。」

といわれ渋々1,800円を払って観た映画です。。

chick少年と自転車

Photo_2

シリルは、もうすぐ12歳になる少年。

彼の願いは、自分を児童養護施設へ預けた父親を見つけ出し、再び一緒に暮らすこと。

電話が繋がらない父を捜すため、

学校へ行くふりをして父と暮らしていた団地へと向かうが、

呼び鈴を押しても誰も出ない。

探しにきた学校の先生から逃れようとして入った診療所で、

美容院を経営する女性サマンサにしがみつくシリル。

“パパが買ってくれた自転車があるはずだ!”と言い張るが、

部屋を開けるともぬけの殻。

ある日、シリルのもとをサマンサが訪ねてくる。

シリルの話を聞いて自転車を探し出し、持っていた人から買い取ってくれたのだ。

“乗っていたそいつが盗んだんだ!”と憤るシリル。

サマンサに週末だけ里親になってもらうことを頼み込み、

一緒に過ごしながら、父親の行方を捜し始める。

自転車の売り主はガソリンスタンドにあった

“自転車を売る”という貼り紙を見て、手に入れたという。

大切にしていた自転車を売ったのは父親だったのだ。。

xxxxxx

とりあえず、父親が最低な男でした。

サマンサの愛情のおかげで、シリルは少しずつ笑顔を取り戻して行くのですが、

ふとしたことで知り合った青年との関係が、シリルをまた窮地に追い込みます。

サマンサって本当に良い人で、

シリルが過ちを犯しても、しっかりとシリルと向き合っていって。

フランス映画らしいクライマックスで、私はすごく好きな映画でした。

※終わりがハッキリしない映画が苦手な方は

 すこしモヤモヤするかもしれないですが。

なんと言ってもシリル役の子がめちゃくちゃ可愛い

弟にしたいくらい(*´д*)ハァハァ

ヨーロッパ映画は雰囲気がとても好きです。

(この映画はフランス・ベルギー・イタリアの共同制作)

1,800円払って少々へこんでいましたが、

1,800円程の価値は十分あったかのように思います。

興味のある方はぜひ!

であ(ω・)ノシ

|

« バーナビーぺろぺろ | トップページ | 金髪とビール。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バーナビーぺろぺろ | トップページ | 金髪とビール。 »