« 筋肉痛ですがシアワセ。 | トップページ | こっちの世界。 »

2012年6月21日 (木)

洋平さんぺろぺろぺろ

へろう@私だよ。

明日は大好きな[Champagne]の

Vo.川上洋平さんの誕生日だよpresent

Photo
プレゼントに指輪を贈りたいくらいです←

ライブ以降[Champagne]の事が頭から離れず

気が緩むと口元まで緩んできますオワタ/(^0^)\

しばらくシャンペな日々が続きそうです。

ニャッピーo(≧≦)oえりあしです(`・・´)

本日は雨がどしゃんこ降ってますね!

ご帰宅時などにはお気を付けてお帰りくださいませ!

そんなこんなで昨日はお休みを頂きまして、

朝から映画を観に行ってきました!

え?もちろん、ひとりで|ω・)

ひとり映画最高フゥーウ!

しかも館内全部で計5名フゥーウ!

そんなこんなで今回観た映画はこちら!

大好きな、(装飾男子系)ジョニー・デップ様!

spadeダーク・シャドウ

Photo_2

1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に

新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。

しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、

海を越えても逃れることができなかった。

20年後、バーナバス(ジョニー・デップ)は、コリンズポートの町で、

コリンウッド荘園の所有者となっていた。

裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャードを失恋させるが、

実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。

彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。

それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、

劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。

彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果て、

さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、

それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。

コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダードは

一家が抱える問題に対処するため、

住み込みの精神科医ジュリア・ホフマンを呼び入れる。

ここには他に、エリザベスの弟ロジャー、エリザベスの娘キャロリン、

そしてロジャーの息子デイビッドがいた。

家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、

世話人のウィリー・ルーミスや、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンターにも降りかかる。

そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸に

コリンズ家の復興を目指すのだが。。

xxxxxx

こちらの映画、あまり期待をせずに観にいったからか

思ったよりも楽しめました。笑

ジョニー・デップのメイク顔は最高ですね。

チャリチョコのメイクが一番好きですtulip

可愛いオッサン!!

そんなこんなで内容は、

えっ!この人まで○○だったの!?とか

えっ!最後にこの人も○○!?えっ!

みたいな感じでした。

驚き桃の木パパパヤーって感じの映画です。

ティム・バートンの映画にジョニー・デップが出演

というのが最近多いですが、

実はティムの映画にはヘレナ・ボナム=カーターも良く出てるんですよね。

ジョニーとの共演が多い。

っていうのになんとなく気づきました。

気軽に観れる感じの映画なので、

気になった方はぜひ映画館へ!

であ(ω・)ノシ

|

« 筋肉痛ですがシアワセ。 | トップページ | こっちの世界。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筋肉痛ですがシアワセ。 | トップページ | こっちの世界。 »