« こびとのくに。 | トップページ | にゃん?にゃにゃーん。 »

2012年2月21日 (火)

おーこわ。

ごきげんよう、私です。

怖い夢をみました(((n'д'n)))

今日はその夢の話しても良いですか?

(べ、べつにネタがないからとかじゃないんだからね//////)

夢の中で私は、

祖父母が前に住んでいた健軍の家の前に立っていました。

立っていたというか。。

自衛隊通りに向かって歩いていました。

すると、後ろから黒い乗用車がすぅーっと私の横に現れたんです。

車のナンバープレートは江津○○-○○になってました。

なぜに。笑

あ、変なタイミングですがニャッピーo(≧≦)o

えりあしですわよヘ(゚゚ヘ)

xxxつづき。

中を覗くと、胸くらいまでの黒髪の

ちょっとぽっちゃりしたおばさんがにんまり笑ってます。

その顔を見た瞬間、なんだかゾワッとして

(全然普通のおばちゃんなんですけどね)

「うわっ!こわっ!!ヒィー!!((ノ)゚ω(ヾ))」

って感じで持ってた鍵をフロントガラスに投げつけました。

車にキズを付けたにも関わらず、

おばちゃんは何も言わずに、ただにんまり笑って手招きします。

着いて来なさい、って言ってるみたいに。

私はおばちゃんの車の後を着いて行くことにしました。

辿り着いたのは自衛隊通りのポパイっていう古本屋。

(実際にある古本屋なんだけど、今もあるのかなぁ)

辿り着くや否や、おばちゃんが車を降りて

すごい勢いで私にたくさんの封筒を見せてきました。

宛名は、覚えてないけど知らない人の名前。

おばちゃんは発狂しながら封筒をビリビリ破いて、

鎌を持っていきなり私に襲いかかって来ました。

通りすがりの(冬なのになぜかタンクトップ姿の)おじいちゃんが

「あぶなああぁああぁあぁい!!」

って言いながらおばちゃんを取り押さえてくれたんで

私は必死こいて逃げました。

(後はおじいちゃんに任せた!)

しかし途中でまたおばちゃんに遭遇。

しかもまだ鎌を持ってすごい形相で追っかけてくる。

タンクトップなおじいちゃんがよたよたよぼよぼしながら

おばちゃんを後ろから追い掛けつつ、息を切らしながら

「おぉぉい、姉ちゃん、危ないぞぉおおぉ」

と叫んでいるのが聞こえました。

(おじいちゃんしっかり捕まえててよぉおぉ←)

必死こいて逃げ続けていると、後ろから女の人の悲鳴が。

振り返るとおばちゃんがある女性を人質に取っているではありませんか!

そのある女性とは。。

私が毎朝バス停で一緒になる女性。

おばちゃんがその女性に鎌を振り上げて、

「ら、らめええぇえぇぇえ!!!!(゚Д;;Д゚)」

って思った瞬間に目が覚めました。

知っている人が出てくるは、知っている場所が出てくるわで

なんだか現実味のある夢でひや汗かきました。

しかもこの夢みるの2回目。

おーこわ。

現実になりませんように!

っていうかあのおばちゃん誰なんだろう。。

ガクガク(((´Д`)))ブルブル

なんか今日は文字ばかりになってしまったので

何か画像貼り付けときもぁす。

Photo

であ(ω・)ノシ

|

« こびとのくに。 | トップページ | にゃん?にゃにゃーん。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こびとのくに。 | トップページ | にゃん?にゃにゃーん。 »