« 2011年エリアシー賞授与式。 | トップページ | 座椅子の恐怖。 »

2012年1月10日 (火)

今年もやっちゃうよ!@ロリータ

ごきげんよう、私です。

何かすっごい書きたかったことがあったんだけど

忘れました。。

何だっけか。。うーん、うーん。。

思い出したらまた書きます。

そんなこんなで年が明けまして、

いろんなお店でSALEが始まりましたねフゥアッフゥアッ!!

ワタクシ今年もコレ買いました。

コレコレsnowheart

Photo

BABYのロリータ服です(゚ω**ω゚)ウヒョー

夢に見たジャンスカ購入。

パニエ履いたらシルエットがより一層可愛い!!!!

いやはや、SALEってスゴイ。

半額で1万円切ってましたコレ。。

昨日、これでクレア行ってきましたてへぺろbleah

母親と妹に

「これでクレア行っていい?」

と聞いたところOKが出たので(゚ω**ω゚)わーい

クレアにてすれちがったおばさまに

「あら可愛かねぇ」

と言われたのでホクホクな私ですよ((w´ωw))

ほ!く!ほ!く!

ニャッピーo(≧≦)oえりあしですヽ(´`)/

今年は去年以上にロリータを極めます宣言。

ヒュン(゚ω**ω゚)(゚ω**ω゚)ヒュン

今年初のそんなこんなで映画紹介!!

1発目は珍しく邦画ですribbon

budおとうと

Photo_2

東京の私鉄沿線、商店街の一角にある高野薬局。

夫を早くに亡くした高野吟子(吉永小百合)は、

女手ひとつで一人娘の小春(蒼井優)を育てながら、

義母の絹代(加藤治子)との三人で暮らしている。

小春とエリート医師との結婚が決まり、一家は幸せの頂点にあった。

結婚式の前日、吟子は宛先不明で戻ってきた招待状を受け取る。

大阪で役者をしているはずの弟、鉄郎(笑福亭鶴瓶)に宛てたもので、

酒を飲んで大暴れした吟子の夫の十三回忌を最後に音信不通になっていた。

式の当日。和やかに始まった披露宴の途中、羽織袴の鉄郎が汗だくになって現れる。

吟子の兄、庄平(小林稔侍)に酒を飲むなと強く釘を刺されるが、

我慢できたのは最初の数十分だけ。

若者に交じって酒を一気飲み、マイクを独占し会場を練り歩いて浪曲を披露、

あげくはテーブルをひっくり返す始末。

新郎の両親にさんざん文句を言われた庄平は、鉄郎と縁を切ると宣言する。

小春の結婚生活は長くは続かなかった。

育った環境の違い、夫の多忙、そしておそらくは鉄郎の件も。

やがて離婚が成立、再び高野家で三人暮らしが始まる。

ある夏の日、鉄郎の恋人だという女性が高野薬局にやってきた。

鉄郎直筆の借用書を見せ、鉄郎と連絡が取れず困惑する彼女を哀れに思い、

吟子はなけなしの預金を引き出すと全額を手渡す。

ほどなく、鉄郎が東京に現れた。

吟子の様子から全てを察した鉄郎は言い訳をするが、その不誠実な言動に、

吟子は鉄郎との絶縁を言い渡す。

それ以来、鉄郎の消息はぷっつりと途絶えてしまった。

穏やかな日々が過ぎ、高野家では鉄郎のことが話題に上がることもなくなっていたが、

吟子は密かに大阪の警察に捜索願を出していた。

そんな中、鉄郎が救急車で病院に運ばれたという連絡が入る。

吟子は急遽大阪に向かうが、鉄郎の身体中にガンが転移、

余命数ヶ月との報告を受ける。。

xxxxxx

加瀬くんが出演してるからあまり好みじゃないけど観ましたてへぺろbleah

あんまりこういう映画観ないのですが

いやはや食わず嫌いならぬ観ず嫌いはダメですね。

超絶おもしろいやないかい!!!!!!!!!

っていうか感動しました。

最後は涙と鼻水で顔ぐちゃぐちゃ。笑

鶴瓶師匠がかなりいい味出してます。

そして加瀬くんが格好良い。。

蒼井優ちゃんもめちゃくちゃ好き。。

この映画を観ると、「家族の大切さ」が良く分かります。

何があっても切れない縁。

感動モノが好きな方はぜひ◎

であ(ω・)ノシ

|

« 2011年エリアシー賞授与式。 | トップページ | 座椅子の恐怖。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年エリアシー賞授与式。 | トップページ | 座椅子の恐怖。 »