« こりゃぁ行くっきゃない!! | トップページ | 今年もやっちゃうよ!@ロリータ »

2012年1月 7日 (土)

2011年エリアシー賞授与式。

ごきげんよう、私です。

ワタクシ、iPhoneユーザーなのですが

最近ハマったアプリがあります。

その名も、「なめこ栽培bud

その名の通りなめこを栽培するアプリです。

設備のレベルを上げていくと、レアななめこが生えてきます。

地味に楽しいこのアプリ(゚ω**ω゚)

放っておいてもなめこはぐんぐん生えてきます。

でも、放ったらかしにしすぎると

干からびたなめこが生える場合も。。

いやはや、オススメです。

ニャッピーo(≧≦)oえりあしざます(`・・´)

さて、今回は2011年エリアシー賞を開催します。

※エリアシー賞とはえりあしが2011年に観た映画の中から

色々と勝手に選ぶ多くの人が注目をする授与式です。

(といっても今回が第1回目)

さぁ、ばんばん行きますわよ(゚ω**ω゚)

crown助演女優賞

3位 デルフィーヌ・シャネアック(スプライス)

2位 ケイト・ハドソン(あの頃ペニー・レインと)

1位 クリスティーナ・リッチ(バッファロー'66/モンスター)

xxxxxx

はい、こちら演技を含め「どれ程印象に残ったか」というところで

勝手に評価しております。

まずディルフィーヌ嬢。

気持ち悪い役柄なのになぜこんなに美しいんだ、

と思いました。インパクト大な感じ。印象深かった。

そしてケイト嬢。

色気があるなぁ。。と。実際にアカデミー賞助演女優賞に

ノミネートされたそうですね。

ケイト嬢は台詞だけでなく、表情のひとつひとつで

心情を物語るといいますか。。それが上手いなぁと思いました。

後にブライダルウォーズという映画にアン・ハサウェイと出演していますが

それは私的にイマイチ。

最後にクリスティーナ嬢。

彼女は子役時代から輝いています。

アダムスファミリーのウェンズデー役の方。

子役の頃とはガラリと変化し、大人な女性を演じる彼女。

昔を知っているからこそ、惹き付けられる部分大。

crown助演男優賞

3位 峯田和伸/銀杏BOYZ(色即ぜねれいしょん)

2位 ユアン・マクレガー(フィリップ君を愛してる!)

1位 パンジャマン・ラモン(ベティの小さな秘密)

xxxxxx

はい。こちら。別に顔で選んでる訳ではないので。笑

まず銀杏BOYZの峯田氏。

この人、かなり良い味出してます。。!

どの映画も役柄ピッタリなのですが、それはその役が

「彼そのもの」だからなのかと思わせる程。すき。

ユアン氏は前々から好きなのですが、この映画では別格。

こんなに可愛い役が演じれるんだ!!!とちょっと意外なところ有り。

(フィリップ~は同性愛の物語)

そしてパンジャマン氏。知ってる方ほとんどいないでしょう。

ベティ~では何も喋らない青年役なのですが、

喋らない分、表情と仕草で全部表現する。

役者としては出来て当たり前な演技なんでしょうが、

彼はわざとらしさも一切なく、かなり自然。

オドオドした感じが愛らしくてもう。。心奪われました。

無名ですが、本当に良い役者。

crown主演女優賞

3位 キラ・セジウィック(ばいばい、ママ)

2位 ダコタ・ファニング(リリィ、はちみつ色の秘密)

1位 シュテファニー・グラーザー(マルタのやさしい刺繍)

xxxxxx

はい。まずキラ嬢。

そんなに若い訳ではないこの方。

これが大人の色気なのか。。!!という雰囲気を放つ方。

息子を溺愛するがあまりに歪んだ愛情を注ぐ母親役。

彼女だからこそ演じれた部分も有るんだろうなぁと。

ダコタ嬢。

子役時代から目を付けていましたが

成長する度に魅力的になっていきますね。

こちらの映画ではあどけない表情が残っていますが、

「ランナウェイ」という映画では「誰コレ!?ダコタ!?」

と思わせる一面が観れます。

びっくり。

そしてシュテファニー様。

おばぁちゃんなのですが、フランスの大女優とかで。

大女優なだけあって、知的な演技がとても魅力的。

こんなおばぁちゃんが居たら抱き締めたくなります。

crown主演男優賞

3位 ジェラール・ジュニョ(コーラス/バティニョールおじさん)

2位 加瀬亮(アンテナ/スクラップヘブン)

1位 マイケル・セラ(スコットピルグリムVS邪悪な元カレ軍団/キミに逢えたら!)

Photo

xxxxxx

はい。

まずはジェラール氏。

彼もそんなに有名ではないので、ご存知の方はあまりいないかと。

笑顔が素敵なぽっちゃりおじさまです。

おおらかで、優しい演技。かわいい。

そして加瀬くん。「アンテナ」では演技力がハンパないです。

けっこうやんわりした役柄が多い彼ですが、ド肝を抜かれた感じ。

沈黙と、表情の中のあの緊迫感。

観ているだけで鳥肌が立って、尚かつイタイ。

こんな表情も出来るのか、と。

加瀬君と結婚しt(ry

そして1位のマイケル・セラ氏。

地味なんだけど、目立ってる。

彼出演の映画は内容的に面白くないのもありますが、

彼がいるからなりたつ部分があるかと。

ジャック・ブラックみたいな立ち位置。

注目度大。

crown作品賞

3位 アンテナ

2位 蝶の舌

1位 マルタのやさしい刺繍

Photo_2

xxxxxx

まず3位。

重くて暗い中で、光を探すような映画。

邦画だからこその世界観に加え、加瀬君の演技力に脱帽。

よって、3位。

次に2位の「蝶の舌」。

スペイン内戦が勃発する頃の物語。

純粋で無垢な少年が、社会情勢の影響でどう成長するのか、

そこが見所かなぁと。

悲しいけど、目を背けてはいけない事実です。

1位はとにかくハッピーになれる映画。

堂々の1位。おばぁちゃん達の夢を諦めない姿に心打たれます。

北欧映画は、内容や演技以外にも視覚で楽しめる部分もあり◎

crownラズアシー賞

3位 三銃士

2位 アリス・イン・ワンダーランド

1位 食べて、祈って、恋をして

xxxxxx

まぁ簡単に言うとラ●ベリー賞みたいな感じです。

話題作ばかりあげさせて頂きましたが、

監督や出演者を観て期待しすぎた感があり

さほど面白くなかったという。。

ミラ・ジョヴォヴィッチやオーランド・ブルーム、

ジョニー・デップにジュリア・ロバーツ。

大物が出演してるからさぞかし面白いんだろう。。

なんて思うもんじゃないですね。

三銃士に至ってはなんか。。バイオハザード。。笑

以上で授与式終わりますが、かなり偏ってしまいました。

まぁ、エリアシー賞なんでしょうがないですなclover

個人的には話題作や、大作より

ポップコーンムービーが好きだということが判明。

ポップコーンムービーは話題作に比べて期待を裏切りませんしね!

長々と失礼しました!もう引っ込みます!!

どれもオススメ映画なんで興味のある方はどうぞ◎

そんなこんなで今年も映画三昧でいっきもぁーす(゚ω**ω゚)

今日はバーレスク観ますわくわくほくほく

であ(ω・)ノシ

|

« こりゃぁ行くっきゃない!! | トップページ | 今年もやっちゃうよ!@ロリータ »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こりゃぁ行くっきゃない!! | トップページ | 今年もやっちゃうよ!@ロリータ »