« アラシクロバネは仲間を呼んだ | トップページ | お兄ちゃんがやってきたよ!@早野家 »

2011年12月17日 (土)

デーハー。

ごきげんよう、私です。

魔法少女まどか☆マギカのウエハースを

相変わらず買い占めている私だよ(゚ω**ω゚)ウヒョー

Photo

しかし今、負の連鎖に陥って。。もうダメ。。

20種類までは被らなかったカードがどんどん被って。。うぐ。。ぐ。。

あぁ。。またほむほむ。。またキュゥべえ。。

まどかとマミさんの水着カードマダァ-? (・Д・ )っ/凵⌒チンチン

被ったカードが欲しい方は経理サービス課まで。

ニャッピーo(≧≦)oえりあしです(`・・´)

このまえ超絶可愛いタイツ買っちゃいました!!

Photo_2

派手派手!!かわいい!!kawaii!!

ヒュン(゚ω**ω゚)(゚ω**ω゚)ヒュン

こういう派手タイツめっちゃ欲しかったんですよねーー

靴もお気に入りです(ブカブカだけど。。)

どちらもSPINNSさんで買いました!

Spinns

最近のSPINNSさんはなかなか素敵な商品取り扱ってて

すきheart

この日買ったタイツはこれ以外にあと3足あります。

靴下も買いました。

靴下とタイツ超すきぃいいいいぃいいいぃ!!!!

一番好きな靴下はJane Marpleっていうブランドの靴下で

めちゃくちゃしっかりしてるし履き心地がすごく良い!!

何よりも毎回デザインが可愛い(゚ω**ω゚)

Jane私のタンスの中は靴下で溢れかえっています。

私好みの可愛い靴下見つけた時は教えて下さい。

そんなこんなで本日のDVD。

clover夏時間の庭

Photo_3

パリ郊外の小さな町ヴァルモンドワ。

名のある画家であった大叔父ポール・ベルティエが生前使っていた邸宅に

ひとり住む母エレーヌの誕生日を祝うため、

三人の子供たちとその家族が集まっている。

経済学者の長男フレデリック、世界中を飛び回るデザイナーの長女アドリエンヌ、

中国で仕事をしている次男ジェレミー。

だが、久しぶりの楽しい時間にも関わらず、

母はしきりに美術品の行く末を気にかけていた。

自分が死んだら家も美術品も売ってほしいと頼む彼女に、

フレデリックは、何も売らず子供たちが受け継ぐと苛立ちながら答える。

次は大叔父の回顧展で集まることを約束し、

エレーヌは慌しく帰りを急ぐ子供たちを見送った。

その一年後、回顧展のあとに訪れた突然の母の死。

悲しみに浸る間も無く、三兄妹は家と膨大な美術品という母の遺産と向き合うこととなる。

フレデリックはそれらを手放すつもりはなかったが、

アドリエンヌはアメリカ人の恋人ジェームスとの結婚を決め、

ジェレミーも中国に生活の拠点を移し、現地での住宅購入の意思を告げる。

遺産を相続するには莫大な相続税がかかり、

家も家族が集まる場所ではなくなるのだ。

三人は家を売却、美術品をオルセー美術館に寄贈することで合意し、

後日、美術館の職員たちが家から全てを持ち去っていった。

がらんどうの家を一人訪れたポールの生前からの家政婦エロイーズは、

亡き主の好きだった花を墓前に捧げる。

そんなある日、家を譲り渡す前にフレデリックの長女シルヴィーが、

大勢の友人を招いてパーティーを開くことになった。

爆音の音楽がかかる中、彼女はボーイフレンドを祖母との思い出が詰まった庭に

こっそり連れて行き、何もかもなくなっていくと涙をこぼすのだった。。

xxxxxx

もう典型的なフランス映画って感じ。

フランス映画って話自体には盛り上がりが少ないんだけど

雰囲気がすごく好きです。

こちらの映画に関しては

作中にいろんな美術品が出てきますが、

もうこの映画自体が美術品だなぁ。

と感じてしまうくらい美しかったです。

なんてことない家族を描いた映画。

でも、なんだか良い映画だったなぁ、と思うわけです。

ゆったりしたのが好きな方にオススメかもです。

最後がちょっぴり寂しかったなぁ。

さて、今日もTSUTAYAは準新作100円ということなんで

また何かDVD借りにいこーっとsnow

ヒュン(゚ω**ω゚)(゚ω**ω゚)ヒュン

であ(ω・)ノシ

|

« アラシクロバネは仲間を呼んだ | トップページ | お兄ちゃんがやってきたよ!@早野家 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アラシクロバネは仲間を呼んだ | トップページ | お兄ちゃんがやってきたよ!@早野家 »