« 素敵なこと聞いちゃったるんるん♪ | トップページ | カッパさん。 »

2011年10月11日 (火)

しぶしぶ。。?

ごきげんよう、私です。

目が疲れた時とか、少し眠くなった時とかに使うコトバ。

私の場合は

「目がしぱしぱする」とか、「目がしょぼしょぼする」

なのですが、

うちの妹は違いますヾ(*A`)ノ

「目がしぶしぶする」

しぶしぶ。。?

しぶしぶって、何だろう。。?

不思議な表現ですcatface

ニャッピーo(≧≦)oえりあしでございもぁ!(゚*)

昨日は体育の日ということで。。chick

体育の日ってどういう日なんですかね?よく解りませんが←

最近運動不足だなぁ。。と感じております。

昔はよく妹とかけっこして遊んでたんですが、

今となってはもう、ム!リ!

お姉ちゃん、死んじゃいます(;;;´Д`)ゝ

そんなこんなで今日の映画紹介はこちらですっshine

どどんっ!

sandclockアンテナ

Photo

15年前に隣に寝ていた妹・真利江が失踪して以来、

“自分は何かを目撃していたのではないか”と言う自責の念に苦しめられてきた、

哲学を専攻する大学院生の祐一郎。

父・祐作は彼が16歳の時に病死、母・房江は宗教に走り、

真利江の身代わりとして育てられた弟・祐弥も精神を病んでいた。

ある日、少女監禁事件の犯人が逮捕されたと言うニュースが、そんな一家を刺激する。

母は発見されたのは真利江だと信じて疑わず、

祐弥も真利江が帰って来ると言って動揺した。

仕方なく実家に戻ることになった祐一郎は、しかしふたりの様子にいたたまれなくなり、

いつしか研究取材で知り合ったSMの女王で、

彼の気持ちを“アンテナ”でキャッチすると言う不思議な能力を持つナオミに

心の拠り所を求めるようになっていく。

そして、彼女との対話の中で自身を解放した彼は、

自ら封じ込めていた記憶を手繰り寄せる。

それは、真利江が叔父から受けていた性的悪戯と、

それを目撃しながらも幼すぎて何も出来なかった自分への罪悪感だった。

こうして苦悩を吐き出し、現実と立ち向かう力を得た祐一郎は、

その後、家族を救う為、真利江の亡霊を沼の中へ沈めた。

翌朝、救済された家族は、新しい人生を歩き出そうとする。

xxxxxx

私の大好きな加瀬亮主演作品です。

なんといいますか。。ものすんごく暗くて重たい映画です。

この映画、紹介するかどうしようかかなり悩んだんです。。typhoon

すごくクセがある映画で、苦手な人が多いと思います(゚;

なんといっても加瀬くんの演技がハンパなくすごいんです!

あんな役、そうそうやれる人なんていないんじゃないでしょうか。。

加瀬くんの演技が自然体すぎてよりリアリティが増してるんです。

とにかく「イタイ」とそう感じさせる映画で、

でも最後には主人公・祐一郎と弟・祐弥の笑顔が垣間見える一面もあり

少し目頭が熱くなる映画でもありますweep

興味のある方はぜひ

私のオススメ邦画No.1作品です!

であ(ω・)ノシ

|

« 素敵なこと聞いちゃったるんるん♪ | トップページ | カッパさん。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素敵なこと聞いちゃったるんるん♪ | トップページ | カッパさん。 »