« なんと言っても。 | トップページ | えっとね、ヨロレイヒー »

2011年9月 9日 (金)

妹は●●オタクです。

ごきげんよう、私です。

皆様知ってのとおり私は自他共に認めるオタ●です(`・・´)キリ

そこで周りの友人に私の妹、小雪もオ●クだと勘違いされることがあります。

が。んが。

妹、小雪は漫画本一切読みません。

意外でしょおおおぉおおおおおおおおΣ((oO艸)

まぁ、強いて言うならハリー・ポッター●タクと言ったところではありますがcloud

映画の台詞をほとんど全部覚えていて正直気持ち悪いですheart

ニャッピーo(≧≦)oえりあしですヽ(´`)/

妹もいつ私のように覚醒してしまうかまだまだ分かりませんが、

とりあえずまだ一般人のようですcatface

そんなこんなで今日はこちらの映画をご紹介します★

carouselponyバタフライ・エフェクト

Photo

少年時代の約束。幼馴染みのケイリーのもとを去るとき、

エヴァンは”君を迎えに来る”と誓った。

だが、いつしか時は流れ、エヴァンとケイリーは別の道を歩んでいた。

エヴァンは幼い頃から、時折り記憶を喪失<ブラックアウト>してしまう少年だった。

母アンドレアはエヴァンの脳波を精神科の医師に検査してもらうが、

何も奇妙な点は見出せずにいた。

精神科医は治療のため、毎日の出来事を日記につけるようにすすめる。

少年時代は永遠に続くと思われたが、エヴァンが13歳の時、

ケイリーの兄トミーのいたずらによって唐突に終わりを告げる。

エヴァンの記憶にはその瞬間に<ブラックアウト>が起き、

気が付いた時には森の中におり、周りには強烈なショックのあまり倒れてしまった友人のレニー、

彼を抱きかかえようとするトミー、ただ震えているケイリーがいた。

エヴァンは何が起きたのかまったく思い出せなかった。

しかし、何か決定的な出来事が起きたのは間違いがなかった。

時が流れ、心理学を勉強する大学生となったエヴァン。

今では<ブラックアウト>が起きることもなかった。

過去は遠のき、ケイリーの記憶さえ消えかけていたが、すべては平穏だった。

ある日エヴァンは、幼い頃の日記を見つける。

懐かしい日記を紐解いたとき、”それ”は起こった。

気が付くと、エヴァンの意識は日記に書かれている出来事の中にあったのだ。

鮮明に蘇る過去の記憶、あの陽光、あの空気。

それは強烈なリアリティを伴っていた。夢なのか、現実なのか。

少年時代の空白の記憶の一端に触れてしまったエヴァンは、もう一度、

あの頃の仲間たちを訪ねたくなる。

ケイリー、トミー、レニー。そしてエヴァンは知る。

あの時のいたずらによって、彼らの人生が大きく狂っていたことを。。

この「いたずら」がキーワードなんですよねー。

ものすんごい事やっちゃってます、彼ら。。

バタフライ・エフェクトはシリーズもので、

個人的にオススメなのは1と3ですかね!

ちなみにこちらの映画は

カオス理論の一つ、「バタフライ効果」を題材に作られた作品です。

バタフライ効果とは

ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼす

という内容で、

例えば蝶の羽ばたきが微量の粒子を動かし、

それが積み重なることで竜巻を起こすことも出来る。。

といった内容でしょうか。

「バタフライ効果」はかなり興味をそそられる理論のひとつだったので

こういう映画も面白いと思いましたshine

かなり面白い作品でオススメです!

興味のある方はぜひどうぞ

であ(ω・)ノシ

|

« なんと言っても。 | トップページ | えっとね、ヨロレイヒー »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんと言っても。 | トップページ | えっとね、ヨロレイヒー »