« きゃんわいいお菓子の魔女 | トップページ | ちょっぴりイタイ。。 »

2011年9月23日 (金)

憧れのタイムマシン

ごきげんよう、私です。

普段ローソンに立ち寄らない私ですが、

何ヶ月か振りに立ち寄ってみると素敵なモノが!!!!

Photo

大好きなアニメ、けいおん!のハートフルクッキーheart

唯ちゃんかわうぃいいいいいぃいいいいい(*´`*)

唯ちゃんだけでなく、側面にはちゃんと主要メンバー全員の絵が

描かれていました(*´д*)ハァハァハァハァ

もったいなくて食べれません。笑

そして超絶可愛いフリスクケースもゲットしました!

Photo_2

ほくほくな私です(`・・´)キリッ

ニャッピーo(≧≦)o毎度おなじみえりあしです|・)じー・・

先日今更ながら初めて黒亭に行きました!

Photo_3

超有名だし、どんなラーメンなのかわくわくしてたら。。

Photo_4

卵!!!!たまご!!!!TAMAGO(しつこい)

こんなラーメン初めて食べました!

豚骨に卵なんて最初恐ろしかったんですが、

まろやかになって美味し━━━━(゚゚)━━━━!!!!

ごちそうさまでしたnoodle

そんなこんなで今日も映画をご紹介しちゃいもぁーす!

carouselponyタイムライン

Photo_5

ニューメキシコ。

荒野のただ中で発見された瀕死の男は、担ぎ込まれたERで息絶える。

検視を行った医師たちは、信じがたい現象を目の当たりにする。

男の体内は、臓器、血管、骨格など、あらゆる組織が断層のようにずれ、欠損していた。

その様は、あたかも複写に失敗し、歪みを生じたコピーのようだった。

男の正体は、巨大ハイテク企業ITCに所属する物理学者。

実は男を死に至らしめたのは、“転送エラー”だった……。

同じ頃、フランス南西部。

とある修道院の発掘現場でも、信じがたい現象が起こっていた。

14世紀の地層から、現代の製品としか思えない眼鏡のレンズが発見されたのだ。

一緒に発見されたメモには、<HELP ME>と書かれていた。

その筆跡は、発掘に携わっていた歴史学者、エドワード・ジョンストン教授のもの。

教授は発掘プロジェクトのスポンサーを訪ねるべく現場を離れて以来、消息を絶っていた。

2つの事件は、思いもよらない形で結びつく。

発掘チームのスポンサーであり、

ITCの社長、ロバート・ドニガーに呼び出されたメンバーは、驚愕の事実を知らされる。

教授はITCが極秘裏に開発した量子コンピューターの技術で

14世紀フランスに送り出されたが、現地で消息を絶ってしまったのだ。

メンバーの一員で、ジョンストン教授の息子クリスは、父親の行方を追うことを決意する。

クリスと助教授のマレク、紅一点のケイト、仏語が堪能なフランソワ、

そして案内役を務めるドニガーの側近ゴードンたちは、

中世の衣装に身を包み、転送装置に立った。

やがて、目もくらむばかりの閃光と轟音のなか、彼らの姿はこの世界から消滅する。

そして1357年、100年戦争の真っ只中にあるフランス。

オリバー卿率いるイギリス軍と、オルノー卿率いるフランス軍は、日々激しい戦闘を繰り広げていた。

未来から降り立ったクリスたちに、騎馬隊が襲いかかってきた。

しかも、投げた手榴弾が誤作動し、なんと転送装置が破壊されてしまい……。

小さい頃からタイムマシン欲しくて欲しくてたまらなかったんですが

この映画観てからはタイムマシンが怖くて怖くてたまらなくなりました。笑

この物語の主人公達は100年戦争真っ只中のフランスなんかに行っちゃったもんだから

もうそれはそれは可哀相なことばかり起こっちゃうんです。。

でもその中でちょっとしたラブストーリーも生まれたり。。heart04

果たして彼らは無事現世に戻れるのか。。とハラハラドキドキしちゃいますthunder

とても面白い冒険アクションでした!

(ジャンルは近未来に分類されてるみたいですけど)

気になる方はぜひ、観てみてくださーい!

であ(ω・)ノシ

|

« きゃんわいいお菓子の魔女 | トップページ | ちょっぴりイタイ。。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きゃんわいいお菓子の魔女 | トップページ | ちょっぴりイタイ。。 »