« 愛しのあの方に逢いに行きました | トップページ | 罠。 »

2011年7月26日 (火)

おにぃ!

昨日、久々に兄夫婦が遊びに来てくれましたヽ(´`)/

うちの兄は昔、まぁまぁ格好良かったんです。

Photo

これは兄が高校時代の写真。(妹は3歳くらい)

あれから約10年経ち兄は27歳に。

どーん!

Photo_2

なんという姿に。。(これ、お気に入りのTシャツらしいです)

月日が経つというのは時には恐ろしいものですねtyphoon

ニャッピーo(≧≦)oえりあしですヽ(*ε*

小学校から仲の良い友人に

「あれ?お兄ちゃん。。あれ?こんなだったけ?」

と良く言われる今日この頃。。兄よ。。。。(´ω`)ウウ・・・

うちの家族は集まると必ず映画・漫画・音楽の話で盛り上がります。

こういうところ、家族だなぁ、って思います

そんなこんなで今日はうちの家族が大好きな映画をご紹介sun

nightペットセメタリー

Photo_3

メイン州の田舎町ルドローの大学病院の院長に選ばれた医師ルイス・クリードは

妻レイチェルや2人の子供エリー、ゲイジとシカゴから引っ越してきたが、

家の前の道路を行きかう大型トラックに驚く。

そんな彼らの向かいに住むジャド・クランダルは、この道路で轢かれたぺットを葬る

ペットセメタリーの存在を教える。

ある日ルイスの病院にヴィクター・パスコーという患者が運び込まれてくるが、

看護空しく息を引きとった。

その夜ルイスは夢でパスコーから、あの墓地に足を踏み入れるなと告げられる。

レイチェルと子供達をシカゴの実家へ送り出した感謝祭の日、

ルイスはエリーが可愛がっている仔猫の死骸を見つける。

彼はジャドの案内で墓地の奥深く、山の中の平坦な場所にそれを埋めると、

翌朝その猫が生き返るが凶暴と化していた。

クリード一家とジャドの団欒の日、ゲイジが大型タンクローラーにはねられ

轢死する悲劇が起きた。

例の墓地にゲイジを埋めようとするルイスにジャドは、

呪われた人間となって生まれ変わる、と諭すが、

レイチェルとエリーが実家に戻ったある夜、彼は息子をあの墓地に埋めた。

異変を察したレイチェルは慌ててメイン州の自宅に向かう。

やがて生き返ったゲイジは、父の鞄からメスを奪い。。

こちらはスティーブン・キング大先生の作品です。

ホラーっぽい、オカルトっぽい。。そんな部分はありますが

全体的に悲しい映画でしたcrying

死んだ人間や動物を生き返らせることが出来るなら

誰だって生き返らせたくなりますよね。

最愛の人を失ったのなら尚更。

でも、ソレは「禁断」なんだなぁ。。と痛感させられる映画ですthunder

こちらは続編として「ペットセメタリー2」もあります。

2も面白いので併せてどうぞ!

2にはエドワード・ファーロングが出演しています。

めちゃくちゃ可愛いです(*゚)=3ハァハァ

であ(ω・)ノシ

|

« 愛しのあの方に逢いに行きました | トップページ | 罠。 »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛しのあの方に逢いに行きました | トップページ | 罠。 »