« 小学生の頃から大ファンでした | トップページ | モサモサウィケメン »

2011年6月 8日 (水)

そんなイヤな顔しないで。。

最近、(ものすごく明るい色の)ウィッグを購入しまして、

休みの日とかそれ付けてお出かけするんですが

親にものすごくイヤな顔をされます。。( ´_ゝ`)

ニャッピーo(≧∀≦)oご無沙汰しております、えりあしですヽ(´`)/

下通支店のイサオ様にブログマダァ-? (・・ )っ/凵⌒チンチン

と言われたので書かせて頂きますすいませんでした!!

紹介したい映画が沢山あるので、今日は一気にガッ(#Д゚)

とカテゴリー別に紹介させて頂きますねsun

◆ハラハラドキドキ、スリリングを楽しみたいアナタに◆

dangeres[エス]

Es

タクシー運転手のタレク(モーリッツ・ブライプトライ)は、模擬刑務所での心理実験に応募する。

お遊び気分で始まった実験だっが、看守は囚人を従わせる事を楽しみ始めていた。

2日目、タレクを中心に囚人が大騒ぎをしている中で看守ベルス(ユストゥス・フォン・ドーナニー)が

頭角を表し始め、実験は異常をきたし始める。

4日目には、囚人の精神衰弱は極まり、実験助手のユッタ(アンドレア・サヴァツキー)は、不安を抱き始めていた。

5日目、タレクは実験中止を要請する手紙をドラに渡そうと試みるが、ベルスに阻まれる。

ついには監視していた助手達まで監房に入れられるが、何とか囚人達は脱出を図るのだが。。

1971年にスタンフォード大学心理学部で行われた実際の実験を元に作られた映画です!

◆心があたたまる、そんなお話が好きなアナタに◆

tulipバティニョールおじさん

Photo

1942年、夏。ドイツ軍はフランス国民に対し、ユダヤ人一斉検挙の協力を要求。

肉屋兼惣菜屋を営むバティニョール(ジェラール・ジュニョ)は、

娘婿であるナチス支持者ピエール=ジャン(ジャン・ポール・ルーヴ)が

ユダヤ人外科医のバーンスタイン一家を密告したため、図らずして摘発に協力してしまうことになる。

ある晩、ドイツ軍後援者のためのレセプションを催すことになったバティニョールが、玄関のドアを開けると、

そこにはバーンスタイン家の息子である12歳のシモン(ジュール・シトリュック)が立っていた。

トラブルを避けるために、バティニョールはシモンをかくまうことに。

そこにシモンの幼いいとこであるサラ(ヴィオレット・ブランカエル)とギラ(ダフネ・ベヴィール)も合流。

身の危険を感じたバティニョールは、密告しようとしたピエール=ジャンを殺害。

自分の手で、子供3人をスイスに逃がすことにする。

列車に乗り込んだ彼らは、スイス国境近くにある農場で親切な女性に出会う。

だが彼女の息子たちのせいで、警察ともめるハメに。。

主演のジェラール・ジュニョがものすごく可愛いです。(ただのおじさんなんですが)

最後は自然と笑顔になる、そんな映画です

◆ハッピーな映画が好きなアナタに◆

heart02ニューヨーク,アイラブユー

Photo_2

ニューヨークを舞台に、様々な愛の形を描く“ラブ・アンサンブル・ムービー”。

「鬼が来た!」のチアン・ウェン、「花とアリス」の岩井俊二、

初監督となる女優のナタリー・ポートマンら各国の監督11人が参加。

たくさんの愛のカタチがあって、

観たあともものすごくハッピーになれちゃう映画ですヽ(´`)/

◆パワフルな映画が好きなアナタに◆

punchボーイズ・オン・ザ・ラン

Photo_3

ガチャガチャ専門の玩具メーカーに勤務する田西敏行(峯田和伸)。

営業成績はいまひとつで、さらにはいい雰囲気だった同僚のちはる(黒川芽以)とは

一度の過ちがきっかけで彼女の気持ちが冷めてしまう。

そんなある日、田西はちはるがライバル会社の青山(松田龍平)にもてあそばれたことを知り。。

主人公の田西のオバカで、ちょっとおちゃめな行動ひとつひとつに

思わずクスリと笑っちゃうハズです!

ハイスピードで進む映画ですが、かなり面白いです

田西役の銀杏BOYZのボーカル、峰田さんがかなりいい味出してルゥ!!

長くなりましたが、オススメ映画の数々でした

興味のある方はぜひどうぞtulip

であ(ω・)ノシ

|

« 小学生の頃から大ファンでした | トップページ | モサモサウィケメン »

えりあしわーるど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学生の頃から大ファンでした | トップページ | モサモサウィケメン »