« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

今年もフリフリで。

昨日上通りをぷら~ぷら歩いていたら

ん。。?マイケル・ジャクソンのBeat Itが聞こえ。。

ん。。?なんだ、あの人だかりは。。

近付いてみるとなななななーんと!

上通りアーケード内でマイケルダンスをする集団が。。thunder

いやはや、完成度の高さに興奮しました(*゚)=3ハァハァ

マイケルへの愛がハンパなく溢れ出てましたよ、皆さん。

っていうか私も参加したかったうわぁああぁあん!

ニャッピーo(≧≦)oえりあしですΣ⊆(・・⊂⌒つ

夏に向けて、日傘を購入しましたsun

Photo

ALICE and the PIRATESのロココアンブレラです。

フリルたくさんで超絶可愛い仕上がりで一目惚れしました。

これ持ってるだけで姫になれそうなそんな気分。。crown

そんなこんなで今日も映画をご紹介します!

本日ご紹介する映画は、結構昔の作品たちですsun

budニューヨーク1997

1997

1997年のアメリカ。

世の中は文明に犯され、町には暴力が氾濫し、

かつては世界の若者の憧れの地であったニューヨークは、

今や巨大な監獄と化していた。

そこには全米の囚人300万人が放たれ、それぞれサイケ調の服に身を包み、

夢も希望もない刹那的な生活を送っていた。

マンハッタン島の周囲は高い壁が巡らされ、全ての川には電流が流れ、

常に上空をヘリコプターが旋回し、自由の女神像は監視塔となっていた。

ある夜、大統領(ドナルド・プレザンス)専用機が、過激派にハイジャックされ、

マンハッタンのど真中に不時着した。

監獄きっての悪人デューク(アイザック・ヘイズ)を首領とするストリートギャングジプシーズはチャンスとばかり、

大統領を捕虜とし、米政府に対し、囚人全員の釈放を叩きつけた。

それに対し政府が打ちたてた手段は、犯罪の帝王といわれるスネーク(カート・ラッセル)を

大統領救出の任にあてることだった。

彼の頚にニトログリセリンを打ちこみ、24時間以内に大統領を救出しない場合は

炸裂するという苛酷な仕掛けをうちたてたのだが。。

1981年の作品で、近未来映画です。

1981年から考えた1997年、1997年をリアルタイムで生きた私たち。

昔の人が考える近未来って、こんなだったんだ!

とわくわくさせられる映画でもあります。

そしてカート・ラッセルがワイルドでカッコイイshine

budマジック

Magic

コーキー(アンソニー・ホプキンス)はカードを扱う手品師だったが、

スターダストというナイトクラブでは、客に受けず、やがてやめ、

1年のちにファッツと名付けられた人形を操る腹話術師となって

再び同じクラブに現われた。

これが大受けし、スターとして、エージェントがつくまでになる。

しかし、ニューヨークに進出したコーキーは、急にエージェントと手を切り、

クロッシンジャーという、彼の生まれ故郷に帰ってしまう。

彼は湖畔にあるコテージを借り、その持主デューク(エド・ロータ)の妻で

初恋の相手でもあったペギー(アン・マーグレット)と再会した。

今は夫との愛もさめていたペギーは、コーキーの出現で、久方ぶりの恋の歓びを感じた。

しかし、縁が切れたと思っていたエージェントは彼の跡を追って、突然姿を現わし、

執念深く食いさがってきた。

空恐ろしくなったコーキーは遂に人形ファッツの手をかりてしまう。

そんな中、ペギーの夫が出稼ぎから戻ってきて事態が思わぬ方向に。。

こちらは1978年の作品で、アンソニー・ホプキンスが若いflair

そしてアンソニー・ホプキンスが精神異常者を演じると本当にスゴイです。

かなり説得力があります。

こんなに面白い「怖い」がある映画に初めて出逢いました。

興味のある方は是非どうぞ!

どちらの作品もTSUTAYAの発掘良品コーナーにありますよ

であ(ω・)ノシ

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

モサモサウィケメン

最近、この方々にどっぷりハマっています。

apple加瀬 亮

Photo

apple細美 武士(the HIATUS)

Photo_2

apple村松 拓(Nothing's Carved In Stone)

Photo_3

本命は武瑠くんなんですが。。上記3名も別の格好良さが。。!

上記3名を「モサモサウィケメン

と名付けようかと思います(髪とかもさもさしてるから)

ニャッピーo(≧≦)o今日も元気なえりあしどぇすヽ(´`)/

本日は上記3名に関連する超絶素敵な作品をご紹介しますsun

bombスクラップヘブンbomb

こちらは加瀬亮主演作品ですshine

Photo_4

“正義の味方”を夢見て警官になった粕谷シンゴ(加瀬亮)は、

事務処理ばかりのデスクワークにうんざりした毎日を送っている。

そんなある日、たまたま乗った路線バスがバスジャックされてしまう。

乗客はシンゴを含め、若い男とサングラスをかけた女の3人だけ。

憧れていた完璧なシチュエーション!

 …のはずなのに、シンゴはバスジャック犯に手も足も出ない。

犯人の発砲に若い男が倒れ、女の片目から義眼が転がってゆく。

そして犯人は、自ら銃身をくわえて自殺した。

それから3ヶ月後、シンゴはバスで撃たれた若い男・テツ(オダギリ ジョー)に、偶然再会する。

テツに向かって日ごろのうっぷんを「クソだろ?」とぶちまけるシンゴ。

すると、「想像力が足んねえんだよ」と、テツが言う。

「それそれ! 想像力があれば、俺も世の中ももうちょっとマシになっているはずだと思うんだ」と、

身を乗り出すシンゴ。

テツが“クソを洗い流そう”とシンゴを誘い出したのは、とある公衆便所だった。

「クソどもに想像力を植えつけてやろう」と、テツが提案したのは、復讐の代行業というゲームだった。

ルールは簡単。依頼者は身分を明らかに。もちろん他言無用。連絡は、主にトイレの落書き。

医療ミスを隠蔽する医者、子供を虐待するヤンママ…。

次々に舞い込む「復讐依頼」に忙殺され、のめりこんでゆくシンゴは。。

とにかく加瀬くんが格好良いです。

加瀬くん出演映画ではかなり好きな映画ですsun

noteHatching Mayfliesnote

Single_jacket_01

こちらは細美武士さんが全てのプロデュースを手がけるthe HIATUSの2nd EP

ELLEGARDENのときとは打って変わって

全然違う仕上がりです!!

めちゃくちゃ格好良いし、何よりも歌詞がぐっと突き刺さりますflair

cloverechoclover

Echo

こちらは村松さんがGt.Vo.を勤めるNothing's Carved In Stoneの最新アルバムshine

今までのアルバムとはえらいゴロッと変わっています!

でもNCISらしさはきちんとありますよーっっ

そしてNCISとしてはかなり珍しく日本語歌詞があるのデス

村松さんの声に癒され、生形さん(Gt)、ひなっち(Ba.)おにぃ(Dr.)の素敵サウンドに刺激受けまくりで

毎日頭がお花畑ですcherryblossom

7/10にライヴ行ってきもぁす!ふふふ

興味のある方はぜひどうぞ!

超絶オススメなんですからっ!

全部っ!

であ(ω・)ノシ

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

そんなイヤな顔しないで。。

最近、(ものすごく明るい色の)ウィッグを購入しまして、

休みの日とかそれ付けてお出かけするんですが

親にものすごくイヤな顔をされます。。( ´_ゝ`)

ニャッピーo(≧∀≦)oご無沙汰しております、えりあしですヽ(´`)/

下通支店のイサオ様にブログマダァ-? (・・ )っ/凵⌒チンチン

と言われたので書かせて頂きますすいませんでした!!

紹介したい映画が沢山あるので、今日は一気にガッ(#Д゚)

とカテゴリー別に紹介させて頂きますねsun

◆ハラハラドキドキ、スリリングを楽しみたいアナタに◆

dangeres[エス]

Es

タクシー運転手のタレク(モーリッツ・ブライプトライ)は、模擬刑務所での心理実験に応募する。

お遊び気分で始まった実験だっが、看守は囚人を従わせる事を楽しみ始めていた。

2日目、タレクを中心に囚人が大騒ぎをしている中で看守ベルス(ユストゥス・フォン・ドーナニー)が

頭角を表し始め、実験は異常をきたし始める。

4日目には、囚人の精神衰弱は極まり、実験助手のユッタ(アンドレア・サヴァツキー)は、不安を抱き始めていた。

5日目、タレクは実験中止を要請する手紙をドラに渡そうと試みるが、ベルスに阻まれる。

ついには監視していた助手達まで監房に入れられるが、何とか囚人達は脱出を図るのだが。。

1971年にスタンフォード大学心理学部で行われた実際の実験を元に作られた映画です!

◆心があたたまる、そんなお話が好きなアナタに◆

tulipバティニョールおじさん

Photo

1942年、夏。ドイツ軍はフランス国民に対し、ユダヤ人一斉検挙の協力を要求。

肉屋兼惣菜屋を営むバティニョール(ジェラール・ジュニョ)は、

娘婿であるナチス支持者ピエール=ジャン(ジャン・ポール・ルーヴ)が

ユダヤ人外科医のバーンスタイン一家を密告したため、図らずして摘発に協力してしまうことになる。

ある晩、ドイツ軍後援者のためのレセプションを催すことになったバティニョールが、玄関のドアを開けると、

そこにはバーンスタイン家の息子である12歳のシモン(ジュール・シトリュック)が立っていた。

トラブルを避けるために、バティニョールはシモンをかくまうことに。

そこにシモンの幼いいとこであるサラ(ヴィオレット・ブランカエル)とギラ(ダフネ・ベヴィール)も合流。

身の危険を感じたバティニョールは、密告しようとしたピエール=ジャンを殺害。

自分の手で、子供3人をスイスに逃がすことにする。

列車に乗り込んだ彼らは、スイス国境近くにある農場で親切な女性に出会う。

だが彼女の息子たちのせいで、警察ともめるハメに。。

主演のジェラール・ジュニョがものすごく可愛いです。(ただのおじさんなんですが)

最後は自然と笑顔になる、そんな映画です

◆ハッピーな映画が好きなアナタに◆

heart02ニューヨーク,アイラブユー

Photo_2

ニューヨークを舞台に、様々な愛の形を描く“ラブ・アンサンブル・ムービー”。

「鬼が来た!」のチアン・ウェン、「花とアリス」の岩井俊二、

初監督となる女優のナタリー・ポートマンら各国の監督11人が参加。

たくさんの愛のカタチがあって、

観たあともものすごくハッピーになれちゃう映画ですヽ(´`)/

◆パワフルな映画が好きなアナタに◆

punchボーイズ・オン・ザ・ラン

Photo_3

ガチャガチャ専門の玩具メーカーに勤務する田西敏行(峯田和伸)。

営業成績はいまひとつで、さらにはいい雰囲気だった同僚のちはる(黒川芽以)とは

一度の過ちがきっかけで彼女の気持ちが冷めてしまう。

そんなある日、田西はちはるがライバル会社の青山(松田龍平)にもてあそばれたことを知り。。

主人公の田西のオバカで、ちょっとおちゃめな行動ひとつひとつに

思わずクスリと笑っちゃうハズです!

ハイスピードで進む映画ですが、かなり面白いです

田西役の銀杏BOYZのボーカル、峰田さんがかなりいい味出してルゥ!!

長くなりましたが、オススメ映画の数々でした

興味のある方はぜひどうぞtulip

であ(ω・)ノシ

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »